« 白夜行 東野 圭吾 | トップページ | 博士の愛した数式 小川 洋子 »

2006年3月15日 (水)

シークレット・ウインドウ

本の感想ばかり書いているので、たまには映画についても書いてみようと思います。

シークレット・ウインドウはスティーブン・キング原作のサスペンスです。

主演はジョニー・デップ。

ある日、作家の主人公の家に「俺の小説を盗んだだろ!!」と不気味なおじさんが自分が書いたという小説を持って抗議に来たことから始まります。

初めは頭がおかしい人なんだろうと思い、それほど気に留めていなかったのですが、しつこく家に訪れては脅すようなことを言い、そのうち嫌がらせをするようになってきます。

それがどんどんエスカレートしていき、ついにはとんでもない事件が起きるという話です。

私はスティーブン・キングの本や映画は苦手なのが多いのですが、この物語は私の苦手な幽霊関係の非現実的な話ではなかったので大丈夫でした。

ラストはちょっと陳腐な気がしますが、それまでは十分楽しませてもらったので総合的には悪くないと思いました。

|

« 白夜行 東野 圭吾 | トップページ | 博士の愛した数式 小川 洋子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170520/9101397

この記事へのトラックバック一覧です: シークレット・ウインドウ:

« 白夜行 東野 圭吾 | トップページ | 博士の愛した数式 小川 洋子 »